Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS 2nd

CLUB NAブログの続き 第2章
旧ブログ:weblog7641.club-na.jp
CLUB NA Products Facebook FUN PAGE http://www.facebook.com/club.na.products
Eunos JP Facebook FUN PAGE http://www.facebook.com/Eunos.jp

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.08.10 Thursday

チャレンジとリスク

0

    エンジン治して、ナラシ完了
    さて…
    ここで、インジケータを追加したのが原因らしい…

    メインのPGMから
    サブコンからRCバルブコントローラーから
    全てが壊れてしまいの長期入院
    ようやく原因追求で対処待ちに。
    巷で騒がしい、リストアプログラム
    寿命短くて
    ホントに必要なのは、電装品なのだ
    一番コスト掛かるところかも知れない
    新しいTechnologyで置換えアップデートこそ
    維持継承の軸なのだが…
    先ずは見栄えのタイヤ、幌だけというレベル
    本稼働では
    何処まで行くのだろうね?

    21:18 | tool | - | - | - |
    2017.06.15 Thursday

    Tidaパンク

    0

      大田区からの帰り道
      何だかビリビリ音が左から
      おやっ?パンクかも

      手を離すとやはり少し左に流れる感じ
      広い場所で停めなきゃと…
      結果、ゲートブリッジまで我慢
      やはり、ネジが埋めこまれてたcrz

      幸いテンパータイヤも空気たっぷり
      何とか帰還できた

      丁度、交換を予定する流れだった。
      早速、Costcoに在庫確認
      予約しての本日交換完了
      リーズナブルに快適をげっとん!
      タイヤは新しいに限る

      17:28 | tool | - | - | - |
      2017.05.03 Wednesday

      Smart phone stock yard?

      0

         

        去年のNEXUS5の紛失から始まった悲劇、

        最終的に壊れた? 覚えていない... 

         

        機種変でPHSを廃止して NEXUS5Xへ

        ところが、故障、破損、

        そして今回は禁断の完全放電

         

        完全放電すると隠しコマンドでのリブートが必要で

        保護回路ロジックにより充電自体が不能になる糞仕様

        流石は朝鮮のTOOLだ

        仕方ないので壊れてstockした本体からの電池移植で何とか復旧

        これは消耗した電池なので交換用の電池も調達しなきゃダメ

         

        NEXUSからの進化は、かなり作業が容易にケーブルなど余計な部材も

        隠されて問題ないレベル

        何より筐体の素材がPP?の柔軟性高い素材となり破損のリスクが少ないこと

        しかし、どれだけstockしてるのか...

        金額も半端ない

         


        10:23 | tool | - | - | - |
        2016.07.09 Saturday

        next?

        0

          ファーストステップ
          結果は如何に?

          10:56 | tool | - | - | - |
          2016.06.17 Friday

          なんちゃって

          0

            ちょっと待て!

            20:34 | tool | - | - | - |
            2016.06.15 Wednesday

            I'm not ready.

            0

              にわとりたまご

              17:26 | tool | - | - | - |
              2016.06.04 Saturday

              いよいよPHS終焉か

              0

                携帯サービスが拡充し価格も低下
                問題の品室も通話は基本IP
                もはや音声通信など不要な時代
                いよいよクローズしますかね

                23:31 | tool | - | - | - |
                2015.10.16 Friday

                泥6良い!

                0

                  アップル並のメモリーリークが、改善して
                  キットカット並の安定性!
                  素晴らしい

                  23:15 | tool | - | - | - |
                  2015.09.24 Thursday

                  Windows

                  0
                    もはや興味無し
                    未だにメインはVista
                    しかも、アップデートでクラフトロボのデータ表示が出来なくなるのでそれも止めて一年。
                    ディフェンダーは更新しているので
                    何ら不都合はない。
                    Meの悪夢再現として世間も寄り付かないだろう。
                    果敢にチャレンジしたITプロも利用中止の声が続く。
                    マイクロソフトが流行らせたアップデート、バージョンアップのビジネスモデル。
                    近頃はリリーススケジュールありきで中身無し。
                    開発品質が堕ちるだけの悪循環。
                    アポーも同様、アンドロイドも酷いものだ。
                    ソフトウェアパッケージのビジネスは完全に崩壊したのだろう。
                    世の中、陳腐なマーケティング技法とやらが様々な悪影響を醸し出しているようだ。
                    NDの販売失敗もやはり同じ。
                    いらんもの作っても誰も買わないし。
                    欲しいと思いついたモノを瞬時に作る
                    オンデマンドなファブラボの時代なんだ

                    06:38 | tool | - | - | - |
                    2015.08.01 Saturday

                    CVTフルード

                    0
                      今、とっても気になるアイテム
                      CVTフルード
                      潤滑、摩擦、冷却、圧力媒体
                      マルチな機能を実現している。
                      特に、潤滑と摩擦という反する機能とはどう言う事?
                      成分はこれ?


                      今はns 3らしいTIDAは2?後で伝票見てみよう
                      日産cvtフルードns 2、3



                      元は何処?日石とか出光とかマルチベンダーなんだろうが。

                      特長:?高性能ベースオイルに厳選された摩擦調整剤、清浄分散剤、酸化防止剤、粘度指数向上剤、腐食防止剤、消泡剤などの添加剤をバランス良く配合した金属ベルト式CVT搭載車専用オイル

                      劣化状態は黒い
                      エンジンと違い煤は出ないので金属粉?

                      匂いはあまりキツくない、油そのもの
                      手作り石けんのような感じ

                      トラクションオイル:と呼ぶらしい
                      潤滑時は低粘度、高圧力等の一定の条件下で高粘弾性を発揮する点が特徴と

                      仕組:
                      分子が突起をもった構造で、
                      低圧力時にはバラバラに配置。
                      高圧時には整列し絡み合って
                      一枚の弾力の有る板になり動力の伝達を可能にする

                      ある開発者のコメントから
                      Z11は日産製の新型となっており、構造も使用しているCVTフルードも違っていますので注意して下さい。

                      肝心なドレン位置ですが、CVTのオイルパンの下側に、ボルト(M17)が見えるます、それがドレンです。
                      (オイルパンは、エンジンは銀色ですがCVTは黒色ですので間違えることは無いです)
                      交換要領ですが、交換前に十分暖気(アイドルなら20分以上)した上で、オイル受けを置いてから工具を使用してボルトを緩め、手でボルトを外して下さい。(この時、オイルが手に掛からないよう注意が必要)
                      そのまま、10分位置いておくと殆ど落ちます。その後、ドレンボルトを取り付けますが、ボルトに付いている銅ワッシャは再利用不可部品ですので予め購入しておくことを勧めます。(再利用した場合はオイル漏れします)
                      CVTフルードの注入ですが、CVTから出ているレベルゲージを引き抜きそこから抜けた量と同じだけ入れれば宜しいかと。(入れるCVTフルードはNS-2を入れてください。色は緑色でNS-1は赤色ですので間違いようがないのですが、他社のフルードを入れた場合、ディーラー保障が無くなりますので)
                      最後に念のためレベルゲージにてオイルが規定量入っているかご確認をお勧めします。
                      (ゲージの先端に切り欠きが2か所有り、その間に入っていれば問題なしです)


                      やはりCVT機器毎に仕様も異なる
                      使う場面でもチューニングが違うし
                      理想形と言われたトロイダルCVTも
                      現代の技術では効率悪いゴミとして消えた


                      ユーノスのビスカスLSDのオイルに丁度良いかも?試して見ようか

                      ますます興味津々

                      20:07 | tool | - | - | - |

                      ▲top