Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS 2nd

CLUB NAブログの続き 第2章
旧ブログ:weblog7641.club-na.jp
CLUB NA Products Facebook FUN PAGE http://www.facebook.com/club.na.products
Eunos JP Facebook FUN PAGE http://www.facebook.com/Eunos.jp

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.10.30 Monday

YAMAHA LWS

0
    これ凄く楽しみ

    鼻先のピッチングがミッドシップ!
    ようやく、欲しいモノかもね
    エンジンヤマハ本家

    ロータスも実際はヤマハ製エンジンなんだが…
    Brandイメージが駄目ね

    21:51 | EUNOS | - | - | - |
    2017.10.26 Thursday

    FREEDOM

    0
      雨続きのため
      なかなか動作確認出来なかった

      ようやくファイルロードして確認
      問題はメインハーネス、何も起こらないのは当たり前
      しかし、塗装がブリスター発生
      いよいよ塗り替えへの流れに
      ちびガルのエンジンもあり金とが掛かるこの頃

      18:10 | EUNOS | - | - | - |
      2017.10.23 Monday

      ERFC清里ミーティング2017

      0

        初めてのユーノスの居ない清里

        台風接近のなか土砂降り

        風ナイのが救い

        座学中心のイベントは天気関係ないが...

        今回ばかりは長雨の影響での牧草地侵入禁止

        駐車場でのPARKであった  あまりの雨に遠くから眺める

        座学は主査によるプレゼン

        あ”っ 箸置きを景品に出すの忘れてた!!

         

        申し込み殺到のロードスターイベント

        瞬殺の通知見て諦めていたが、なんとか今回は参加可能に

        今回は、我々爺が多かったかも(若者の辞退者多数)

        雨でも集まる意味が分かってるからねぇ

         


        06:17 | EUNOS | - | - | - |
        2017.09.25 Monday

        愉しさの余韻

        0
          EUNOSが居ない状態での、カナロド

          走って

          笑って

          食べて

          飲んで

          愉しい時間は邪魔されたくないよね!


          11:13 | EUNOS | - | - | - |
          2017.09.15 Friday

          時代

          0
            当たり前と思ってきた
            ロードスターイベント
            人気沸騰で参加出来ない
            抽選、先着漏れ、…
            まぁ時代なのだろう…

            つまりは、新しいことヤレとの啓示

            殻をぶち破れ!

            20:08 | EUNOS | - | - | - |
            2017.09.11 Monday

            持つべきものは友

            0
              今のところ原因不明な突然死のユーノス
              恐らくはハーネスとの意見が有力
              しかし、哀しいかなdiscon
              つまりは、自力修復しか道無し

              岡山に神あり
              何とか道が開けそう

              16:57 | EUNOS | - | - | - |
              2017.06.28 Wednesday

              明かりさす

              0

                再び、心臓を止めたユーノス

                やはり、フリーダム
                トランジスタのパンクらしい
                恐らくこれが原因なのだろう

                #QuantumofSolace
                新潟には、ちびガル出動が決定だ
                海眺めて来よう!

                10:00 | EUNOS | - | - | - |
                2017.06.16 Friday

                クラセン定期

                0

                  フリーダム修理の絶好調からの地獄

                  もしや、フリーダムのcpu?
                  あるいはエンジン本体?
                  絶望の奈落に突き落とされた
                  天国からの地獄

                  コーンズさんにて相談すればクラセンかなぁ?と
                  出張修理にて交換  再起動の幸せ

                  と言うことで
                  あちこち綻びも見つかり入院の流れ
                  ひとまず絶望から浮き上がる

                  18:18 | EUNOS | - | - | - |
                  2017.06.04 Sunday

                  全部 フリーダムが悪い!

                  0

                    改修後の試運転はワクワク

                    一発目
                    始動後ストール
                    アクセルを煽って二発目で始動
                    しかし、アイドルが安定しない
                    そのままアクセル煽って安定まで待つ
                    しばらくすると
                    いい感じに安定する

                    そして今日は試運転
                    ドキドキの始動は一発目で安定
                    既に学習したのか?
                    走り出す
                    軽い、あのキツイ振動が消えた

                    何より
                    2000rpmから3500rpmのハンチングが完全に解消
                    スロットルの汚れでは無かった!
                    さらにアイドル域からのスムーズな加減速
                    実に安定している

                    そしてフルスロットル!!
                    素晴らしい
                    音も澄みきってResponseを良い
                    今まで何だったのか?!!

                    電気系統も交換済のためかなりのリカバリ具合かと
                    振動、濁った音、ハンチング、アフターバーン
                    エンジンハードの問題と判断し
                    オーバーホールを急務と考えていたが

                    全部フリーダムだった
                    手作り感たっぷりなECU
                    寿命は7年程度と受容すべきか?

                    E&E、Maruha共にディスコンと投げ出し
                    的はずれな、コネクタのメンテを勧めてくれたが
                    独自判断で探しだした選択肢
                    きっちりとメンテナンス出来る業者さんに感謝!!

                    17:50 | EUNOS | - | - | - |
                    2017.05.26 Friday

                    根本解決へ向けて

                    0
                      数回の突然死を繰り返すフリーダム

                      トラブルの原因は、そもそものクオリティの低さ

                      今回の簡易診断でも大きく頷ける結果が報告された。

                      ここなら安心して結果を待てるだろう


                      電解コンデンサについては液漏れが2ヶ所、容量減りが最大で47パーセントに減っています。

                      経年劣化により各部がハンダ割れを起こしておりますが、完全に接触不良と言ったものではありませんでした。

                      強いて言うならば、錆の発生が少し見られ、噴出物が他の電子部品を侵しております。

                      それ以外では、はんだの金属部分の度重なる過熱、冷却の繰り返しではんだのクラックができている部分がありました。

                      電源投入中に基板に熱が加わる部分は経年腐食により基板の浮きが発生しており、純正コーティングの修正が必要です。

                      ケース内には埃の堆積が少しあり、ショート防止のため、きれいに掃除をする必要がございます。


                      ICには、外観上の不具合、テスタによる不具合は確認できませんでした。

                      決定的な不具合箇所として、基板と基板を繋ぐ金属ピンにかなり図太いイモはんだがみられ、熱膨張によりショートを確認しました。

                      はんだの材質は、鉛とすずですから、熱膨張率を考えると、あり得ない間隔でイモはんだが並んでいます。

                      はっきり言って、ひどい状態です。

                      20:37 | EUNOS | - | - | - |

                      ▲top