Club-NA weblog 自動車文化創生 LWS EUNOS 2nd

CLUB NAブログの続き 第2章
旧ブログ:weblog7641.club-na.jp
CLUB NA Products Facebook FUN PAGE http://www.facebook.com/club.na.products
Eunos JP Facebook FUN PAGE http://www.facebook.com/Eunos.jp

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 東北ミーティング2012 参加 | TOP | 幻のクーペ プリンス >>

2012.09.25 Tuesday

Super CAR Meeting

0
     
    第一目的:
    まえから見たかったZERO
    あのDRIVER誌で見た衝撃は忘れない
    ついに日本でスーパーカーが生まれる!
    今も綺麗に残っていてくれた

    第二目的:
    F40だったのだが miuraがドッピオ

    まつげ400との違いがよく分かる

    オマケ:DINO群
    思いかけずwatahikiさんのDINO発見!
    DINOシリーズが328までズラリ

    watahikiさんと DINOのノーズのグリル開口部やら
    フェンダー眺めながら
    「全然違うねぇ」 とか話し 再度まじまじと眺める
    ボディ・コンシャスなDINOや308は本当に素晴らしい
    GTSは別として206と288がいれば完璧かなF40は2台もいたし

    マスプロ商品と違い 個別に仕様が異なる美術品
    ノーマルとか純正とか拘っても意味が無い部分
    常に改良され進化を遂げる
    ターンシグナルのチリもそれぞれ違った隙間
    部品も違うのかも?
    モノづくりをすると分かるが、結果コストで決まる製品
    マクラーレンF1以外のクルマは、コスト最優先である。
    コストダウンの結果として純正部品が決まり仕様が決まる。
    自走可能なヴィンテージは、何らかの改良を実施されており
    それは必要であり必然
    コンクール用の置物以外で無ければノーマルなどありえないのだ
    そもそもパテ盛りで仕上げたボディーライン自体がノーマルでないし

    自分用にまともに乗ってこそクルマだよねと再認識した次第

    先日、入手したポリトーイDINOの原型を眺めながら
    あらためてDINOシリーズの変遷に思いを馳せるのでした

    しかし、このイベント凄いです規模も
    高速走行する編隊と遭遇する楽しみもある

    コメント

    コメントする









    ▲top